販売農産物

こおげ農業開発センターは、平成29年度次の作物を生産します。 
電話受付による販売も行っております。 詳しくはこちらへ。

コシヒカリ
全国的に生産され、良質、良食味な品種。 メインに生産している品種
ひとめぼれ コシヒカリから品種改良されて出来たお米で、粘りや甘みのバランスが良い。
きぬむすめ 鳥取県奨励品種。13・14年の2年連続食味ランキング特A米となる。
ハクトモチ もち米。 白兎(しろうさぎ)のように白いもちになります。

以上は、全て特別栽培の認定を受けたお米です。

※特別栽培米とは
そのお米が生産された地域の慣行レベルに比べて、@化学合成農薬を使用していないか使用成分が50%以下、A化学肥料を使用していないか窒素成分量が50%以下で栽培されたものをいいます。


当社は、水稲の全面積を堆きゅう肥などの有機物を施用し、地力を高め、化学肥料や農薬の使用量を減らすことにより、毎年「特別栽培米」として鳥取県から認定を受けています。

特別栽培米の作り方
当社では、以下の3点を柱に、環境にやさしいお米を栽培しています。

@健康稲作り 充実した種籾。 種子温湯消毒、うす撒き、うす植え、根を丈夫にする水管理。
A有機農法 深耕、堆肥等有機物の多用と有機質の追肥。
B減農薬 病害虫の発生確認により必要最低限量の施用(1〜2回程度の防除)。


稲の育成、作業状況

籾撒き
苗の育成状況です 代掻き作業 田植え
草刈り 電気柵設置
イノシシ対策は大切!
出穂 刈り取り間近
稲刈り




大豆
サチユタカ 平成20年度から県特別栽培の登録認定。
タマホマレ 平成29年度から県特別栽培の登録認定。

            大豆は、主に鳥取市国府町の「とうふ工房雨滝」のとうふ用として契約栽培をし、
            好評を得ています。
            又、味噌用としても使用しています。
            


米粉の製粉・販売承ります!! 

 当社は町の委託を受けて、米粉の製粉と販売をはじめました。
 町内の学校給食の米粉パン用の製粉が中心ですが、広く町内のパン業者をはじめ、町民の皆様にご利用いただき、地産地消の推進と米の消費拡大につながればと願っております。
 販売用米粉の原料は、当社が生産した特別栽培米コシヒカリを使用しております。また、持ち込まれた白米の製粉についても行います。

 ★米粉製粉機稼働日:毎週月・水・金(午前中)
        

 ★米粉製粉加工料・販売価格 ※持込みは、原則白米。

区分(s) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
米持込み(円) 600 700 800 900 1,000 1,200 1,400 1,600 1,800 2,000
米粉販売価格(円) 700 900 1,200 1,560 1,900 2,200 2,400 2,600 2,900 3,300



味噌の加工・販売をはじめました!! 

 下私改善センター・農産加工部の、味噌の製造・販売終了にともない、新たに当社が業務を引き継ぐことになりました。
 農産加工部のみなさまにご協力いただき、従来通りの製法を維持しています。
 味噌の仕込みはそのほとんどを手作業で行っており、長年に亘って作り続けてきた伝統の製法です。
 原材料は、化学肥料や農薬を必要最小限に抑え特別栽培の認定を受けた、当社栽培の米と大豆を使用しています。


トップページへ戻る