会社概要(平成30年4月1日現在)
(有)こおげ農業開発センター

所在地:鳥取県八頭郡八頭町大坪73-2
設立:平成3年3月25日
資本金:500万円
組織構成:役員3名、社員10名
       
連絡先: TEL 0858-76-0031
      FAX 0858-72-6118


経営理念

 農業者の高齢化と後継者不足による優良農地等の耕作放棄地を防ぎ、農地の保全管理を行うとともに安全・安心な食料の供給と環境にやさしい農業を目指し、もって地域農業の振興と発展に寄与する。

事業内容

(1) 農業経営受託 ・・・・・ 水稲、大豆白ねぎ、ハトムギ、アスパラガス、飼料稲、備蓄米、飼料用米、とうもろこし
(2) 農作業受託 ・・・・・ 堆肥散布、耕転、代かき、田植え、稲刈り等
(3) 味噌製造・販売 ・・・・・ 本年度より下私都加工部の後を引継ぎ業務を開始しました
(4) 米粉の製粉・販売 ・・・・・ 平成24年より、町の委託を受け、町内の学校給食の米粉パン用の製粉を中心に実施中


  農家から借り受けた約105ヘクタールの農地の中で、水稲約57ヘクタールに「コシヒカリ」を中心に、「ひとめぼれ」、「きぬむすめ」、もち米「ハクトモチ」を栽培。 転作作物として大豆、ハトムギ、などの生産販売を行い、また、飼料用として飼料用米およびとうもろこしを作付しています。
 収穫した米は「地産地消」をモットーに八頭町の「やずふれあい市場」、「こおげフレンドセンター」、鳥取市の「フレッシュパーク若葉台」、地場産プラザ「わったいな」など直売所を中心に町内の消費者へ販売、また各種イベント会場でも直売しています。

運営の特色

(1) 八頭町農業公社が農家から受託した農地を当社が再受託して農業経営を行っている。 また農地の貸借期間は原則として3年以上としている。
(2) 当社が借り受ける農地は、依頼があれば原則受託することにしており、そのため農地が町内各地に散在し、作業効率は悪いが、設立の目的である「農地の荒廃を防ぐ」を20年以上頑固に守っている。
(3) 農繁期および収穫祭等イベント開催時には近くの鳥取環境大学や鳥取大学の学生を臨時雇用し、農作業体験等により農業への理解を得ている。また、農福連携協定に基づき、町内の2作業所に対し、大豆の草取りおよび選別作業を委託している。
(4) 地域との交流と一年間の感謝を込め、JA郡家ライスセンターにおいて収穫祭を開催、もちつき大会をメインに米の特売をはじめ、地域の方の芸能ステージや空クジなしの抽選会で賑わう。

トップページへ戻る